CentOS6.5 のネットワーク再起動で出力される Determining if ip address 192.168.xxx.xxx is already in use for device eth0…

CentOS6.5 のネットワークを再起動すると以下のようなメッセージが出力されます。

# service network restart
インターフェース eth0 を終了中:                            [  OK  ]
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中                   [  OK  ]
インターフェース eth0 を活性化中:  Determining if ip address 192.168.xxx.xxx is already in use for device eth0... [  OK  ]

 

このメッセージは、IPが重複していないか確認してくださいというメッセージです。

IPが重複していなければ問題ないメッセージとなりますので無視して頂いて問題ありません。

このメッセージを消したい場合は、インターフェースの設定ファイルに ARPCHECK=no を追加するとメッセージが出力されなくなります。

この設定で、ARPでIPをチェックしなくなりますので、IPが重複している場合でもネットワークは起動しますのでご注意ください。

IPが重複しなければ問題ありません。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
ARPCHECK=no                                                       

# service network restart
インターフェース eth0 を終了中:                            [  OK  ]
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中                   [  OK  ]
インターフェース eth0 を活性化中:                          [  OK  ]

 

無事にメッセージが消えました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ